人気ブログランキング |

道日和~たお・びより~ taoken.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2006年 09月 09日 ( 2 )


ベストプラクティス


最近よく筋肉痛を起こしている

土曜担当の中村です。


今日はあるお客様のサッシ取替工事をさせていただきました。
明日が雨ということもあって、何とか今日中にサッシだけでもはめて帰らねば・・・と思い、
19時近くまで工事をさせていただきました。(片付けに1時間ほどかかりました。)
その甲斐あって何とかサッシだけは付け終わる事ができました。
特に明日が雨と言うこともあったので、とりあえず一安心です。


さて話は変わりますが、今日は読書好きな私が最近読んだ本を紹介しようと思います。

『ベストプラクティス』 著;峰 如之介

日産自動車株式会社社長 カルロス・ゴーン氏を中心に語られる

華々しい日産復活ストーリーの裏には地道な改革があったのだということを知る一冊。

いくら良い戦略が出ても、それをキッチリと実行できる実力が無ければ、絵に描いた餅に終わってしまう。このことに気づいて手を打ったからこそ日産は復活したのだと思います。

ゴーン氏が言われるように問題には必ず解決策があり、解決策は常に自分自身の組織の内部にある。



・・・もっともです。会社では現場で働く人の意識改革からはじめていくものです。

ということで私も日常の問題を自分を見つめながら一つ一つ解決して、今後も頑張っていこうと思います。

「道建設(たおけんせつ)」
by taoken18 | 2006-09-09 20:08

対策!


こんにちわ。
木曜日担当の吉川ですが、本日土曜日におじゃまします。

                   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今、夏の暑さに困っているというお客様がいらっしゃいます。
リフォームするにあたって一番のポイントが、『遮熱と断熱の計画』になります。

建物は、
「屋根に一番太陽の光が当たる=熱い」ので、ここの対策を考えなければなりません。

夏場は屋根裏が50度ぐらいになっています。
2階がむわぁ~とした空気になるのも、これが原因の1つです。
2階天井の上では暑い空気がたまっているんです。

なので、屋根裏の気温を上げないようにするための対策を打たなければなりません。

まずは、その暑い空気を外に逃がしてやればいいです。
小屋裏(屋根裏)換気扇を設置し、強制的に空気を送り出します。さらば熱気!
(今は、新築時にはつけなければなりません。)

そして、断熱材を入れて外からの暑さを遮断します。
これには色んな種類のものがあります。
グラスウールはもちろん、古紙を利用したモノや、ウレタンを吹付けたりもします。
そのお宅の条件や予算にあわせて選びます。

他にも、屋根材自体を新しく断熱に強いものに葺き替えることもします。
最近発見したのが、現状の屋根を壊さずに新たに上にかぶせることの出来る屋根材です。
既存のものと新しいものが2重になるので、遮熱の効果も期待できます。
1より2の方が大きいですからね。

ここまで大きな工事をしなくても、窓ガラスを替えるだけでも違います。
現状が単板ガラスなら、ペアガラスに。
紫外線をカットするLow‐Eガラスもあります。
サッシから替えて断熱サッシにすれば効果もUPです!

と、いろいろと書きましたが、
やっぱり日々の生活は快適なものにしたいですよね☆彡

何かお住まいにお困りのことがあれば、「道建設(たおけんせつ)」までご連絡ください!
by taoken18 | 2006-09-09 18:46