道日和~たお・びより~ taoken.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

広島の建築会社       道建設(たおけんせつ)の  スタッフが皆で書いている ブログです。


by taoken18
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


大掃除


こんにちは。
(有)道建設の籔花です。

本日をもちまして、
2008年の仕事を納めます。

先ほどまで、スタッフみんなで大掃除をしておりました。

今は終って一息、お茶タイムです。

b0078597_16292798.jpg


やはり綺麗な空間は気持ちが良いですね。

来年も、たくさんのお宅を居心地よくできるよう、
務めたいと思います。

みなさま、良いお年をお迎え下さいませ。
来年の道建設の動きも、どうぞお楽しみにして下さいね♪
[PR]
by taoken18 | 2008-12-27 16:32

年の瀬


年の瀬になりました。
月並みですが、今年一年、色々な出来事がありました。政治、経済、スポーツと各分野で、驚くほど早いスピードで展開され、少し前の事など記憶が風化して、人から聞いて、そういえば「あったなー」と言った感じです。

さて、年の瀬は現場も忙しい。職人さんはお正月を長めにとるため、当然のことながら仕舞いを安全に、きり良く工事を終わらせる予定です。

写真は現在進行形の現場です。
b0078597_15182628.jpg

本日は、お引渡しが年明けになるため、大工工事、瓦、板金、左官の年内工事の打合せ。

弊社は27日からお正月4日までお休みをいただきます。
[PR]
by taoken18 | 2008-12-24 15:29

撮影風景


こんばんは。
金曜日担当の籔花彩子です。
年末年始、気になる映画がたくさんありますね。
どれかひとつでも見たいのですが、
よくよく考えて選びたいと思います。
さて、
映画を見るのが趣味、という方は多いと思います。
というわけで、趣味の話に移りたいと思います。

私の仕事上での趣味なのですが、
撮影風景を撮影する、というのがあります。

工事が完成し、一生懸命レンズをにらんでいる社長をこっそりと撮影するのです。

題して「あの素晴らしい完成現場写真の裏側はこうだ!」

本日はその作品を3点ほど載せたいと思います。

b0078597_2010086.jpg

b0078597_20101443.jpg

b0078597_20102512.jpg


いかがでしょうか。
あ、趣味って、自己満足の世界ですよね。
ご感想は受け付けません。
これからも、「あの素晴らしい完成現場写真の裏側はこうだ!」シリーズが増えるように、
本業をがんばりたいと思います。^^

では、また来週・・・
[PR]
by taoken18 | 2008-12-19 20:13

素材


建築材料には、主に、木、鉄、コンクリート等があるが、建築用途によって選ばれる素材は変わる。強さだけで言うと、前提を同じ体積で比較するなら一般的に言って、木は鉄やコンクリートに劣る。

ではなぜ家は木で造るのか?
それは木は、自然素材で住む人に優しいからだと思う。それに加工性もよく、他の素材に比べ、外気温に影響されにくい断熱性と調湿性も兼ね備えている。

写真は木で建てた家。建具も既製品ではなく木で製作した実例です。
b0078597_1353674.jpg

見た目のぬくもり感もあり、お施主様に好評です。
[PR]
by taoken18 | 2008-12-16 13:57

完成現場・・・続き


こんばんは。
12月に入り、時が過ぎるのが一層早く感じている、藪花です。
先日、友人の結婚式に行ってきました。
新婦の生い立ちを見ていると、新婦と出会った頃を思い出し、
当時「彼氏がほしいけど、いつになったらできるんかね」
と言っていたのを思い出し、とても懐かしかったです。
あれから早6年が過ぎました。。。

さて、私の事が続きますが、
先日玄関ホールのドアを開けたところで
「続く」
にしておりましたお宅の、
「続き」
をご案内さしあげたいと思います。


                    ◆ BEFORE.1 ◆      
b0078597_18534655.jpg

以前の玄関ホールです。

                    ◆ BEFORE.2 ◆ 
b0078597_18541059.jpg

以前のリビングです。
奥にキッチンがあります。
リビングの手前には、少し段差があって、6帖間の和室がありました。

*****

                     ◆ AFTER.1 ◆
b0078597_1945527.jpg

ほぼ同じ位置からの撮影です。
キッチンに向かって左側にあった風呂・洗面所を
奥に増築して、そこへ設けました。

                     ◆ AFTER.2 ◆
b0078597_1961655.jpg


                     ◆ AFTER.3 ◆
b0078597_19203560.jpg

キッチンから元和室だった空間を眺めた様子です。

                     ◆ AFTER.4 ◆
b0078597_197109.jpg

振り返って、玄関ホール入り口ドアのほうを見た様子です。
置いてある白い機械をご存知でしょうか。
「ユニデール」です。
ユニデール専用のカウンターの奥には、階段があります。

                     ◆ AFTER.5 ◆
b0078597_1995258.jpg

おまけの、トイレです。
天井がさがっている部分は、階段の裏側です。

******

みなさま、気になっておられますでしょうか、LDKの天井の事です。
なぜこのように凹凸があるのか。
なぜこのような発想が生まれたのか。
それは、
こちらのお宅、軽量鉄骨の構造でして、
天井カセットエアコンを設置するにあたって、
なんと既存の天井より11cmも下がってしまう事が判明したのです。
そこで、
下がる部分が気にならないようにデザインできないか、
と考えた時、社長がある場所に行った時に
ヒントが転がっていたのです。

完成現場見学会の時、あるお客様がこの天井をご覧になり、
「なんかこのお宅の天井は高く感じるね~」
とおっしゃったのを聞いて、思わずにんまりしてしまいました。
(※もちろんご説明いたしました。)

以上、リフォームレポート終了です!

まだまだ、ご案内さしあげますよ~♪
乞う、ご期待!!!!
[PR]
by taoken18 | 2008-12-12 18:54

リフォーム考


リフォームにも色々なパターンがある。住まう家族数によって必要な部屋数も変わってくる。
一般的に言って、狭い家より広くするほうが、片付けもしやすくなるし、快適であり、何より住んでいて気持ちいい。

しかし、子育てが終わり夫婦2人だけの住まいとなれば、広すぎると掃除が大変で、冷暖房効率も悪い。2階に上がる階段も日常になれば、段々辛く感じてくる。

b0078597_113226.jpg

b0078597_11322742.jpg

写真は夫婦2人の家。1LDKのシンプルな間取り。写真には出てないがリビングから水周りへの導線を設けている。

普段は、扉を開け放った生活をお勧めしている。くつろぐにも、寝るにも、トイレ行くにも温度差の無い温寒バリアフリーの家が完成した。
[PR]
by taoken18 | 2008-12-09 11:47

職人からの視線


盆明けよりはじまった建て替え工事もそろそろ引き渡しとなる。
12月10日引越しの予定だ。

お施主様は私の義理の両親だ。歳は70半ば、仕事は今はやめたが、つい最近まで瓦職人として頑張っていた。

職人の気質上、興味とそれに対しての腕と仕上がりに、一家言を持っている。
近所に仮住まいをしているため、毎日現場に出勤し、工事を一日中眺めている。

ほぼ、完成に近づき、私にどの職人も丁寧で腕がいいと、ほめていただいた。

半世紀以上、職人で生きてきたその道のプロからの言葉は、重みがありうれしいものであった。

写真は次回アップ予定です。
[PR]
by taoken18 | 2008-12-02 09:47