道日和~たお・びより~ taoken.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

広島の建築会社       道建設(たおけんせつ)の  スタッフが皆で書いている ブログです。


by taoken18
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

完成お引渡し


7月着工のお宅が、遂に完成しました。
現場見学会を含め、
丸4ヶ月以上に渡る工期は、経験上初めての長さでした。
私籔花は営業担当として、
お客様と現場、設計(社長)の窓口として打合せをしてまいりました。

ご契約から工事の初期、お客様は
ほとんど現場をご覧になりませんでした。
「BEFORE⇔AFTER」というTV番組みたいに、
完成まで見ないようにしようかなと、
冗談半分でおっしゃっておられました。
私は、工事内容として見所満載でしたし、
職人さんたちも腕の見せ所がたくさんありましたので、
お客様にも是非ともご覧いただきたく、
打合せを兼ねて現場を覗いていただく機会を設けました。
その後、お客様は度々現場へ足を運ばれるようになりました。

ご主人もお仕事の帰り際に寄られていましたが、
初めは外部から、窓越しに覗くだけだったそうですが、
職人さんによると、徐々に中へ入られるようになったそうです。
木工事の途中は、完成のイメージが全くわからず、
薄暗く、狭く感じて、ご不安だったとお聞きしました。
柱だけだったところに床ができ、壁ができ、
空間がつかめるようになって完成に近づいた時、
明るくて広い、とお喜びいただきました。

今回も社長はとことんこだわって素材を選び、
質の良い和風のホテルをイメージした空間を作り上げていました。

現場からは常に、納まりにこだわり、丁寧に作業を進めていると聞いていました。
実際に、きれいにびしっと納まっているところばかりで、
仕上りがすっきりとしていて、綺麗です。

職人さんからも、今回は初めての仕上げにより、施工方法も初めての事が多く、
事前にいろいろと考え、施工を工夫する大変さがあっただけに、
やりがいがありました、と聞いております。

私は、汗水流したわけではありませんが、
どうやら一番おいしい立場にいた模様です。
皆様の間に入り、それらを伝え、お互いが喜ぶ姿を見れるのは、
ほとんどの場面、私だけですから。

ただ、今夜は違います。
お客様、社長、現場監督、一部業者さん、私、というメンバーにて、
「お引渡し」です。
毎度ですが、こみあげてくるものがあります。
この仕事をしていて、よかった、と一番感じられる瞬間です。

というわけで、行ってまいります。040.gif
[PR]
by taoken18 | 2008-11-07 17:56