道日和~たお・びより~ taoken.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

広島の建築会社       道建設(たおけんせつ)の  スタッフが皆で書いている ブログです。


by taoken18
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

シタジ


行って参りました。友人結婚式。b0078597_22304235.jpg
弾いて参りました。ウッドベース。

月曜は道建設の音楽人こと、北浦です。

式は大阪で行なわれました。
花嫁・花婿に加え大阪のギタリストは事前に練習やリハーサルができていた様子ですが
広島からウッドベース持参で参加した僕は、 音合わせナシのぶっつけ本番!

着替えや打合せに大忙しの新郎新婦とは話もほとんどできず
初対面のギタリストさんと影で少し練習して挑みましたが…

本番用の機材でのリハーサルができず、
本番は機材の設定が悪くてベースの音はあまり聞こえない様子でした。
新郎新婦のギター弾き語り演奏のようで、それはそれで良かったのですがね006.gif

聞き取りにくい音ですけど、演奏に厚みを持たせる楽器
ベースという楽器は目立たないけど大事な仕事なんです。

演奏は無事終わり、皆さんも喜んで頂いた良い式でした。



今回は枕の部分が長くなりました…。

さて、今日の現場です。

先日、解体工事が進んでいた現場です。

只今、木工事が始まったところです。

まずは大引き(という太い木材)を引いて、根太(という木材)を引きます。
根太の上には構造用合板を敷いてフローリングを貼っていきます。

b0078597_22293548.jpg


根太は300ピッチ(30cm間隔)で並べ、間には断熱材を施工しますが
ピアノや本棚などの重量の重い物を置く事が想定できている箇所には
根太補強として、さらに倍の数(15cm間隔)の根太を入れたりもします。

この作業、簡単そうに見えてもとても重要なのです。
下地の骨組みが悪いと、床の不陸(波打つ事)や
座鳴り(踏んだ時に床が鳴る事)の原因になります。

大工さんは

「なかなか進まん作業に見えるかも知れんけど、ここが重要なんよ」

と言います。

本当にその通りで、下地が出来るとフローリングはあっという間に貼ってしまいます。

b0078597_22301855.jpg


ここのお宅では湿気対策に床下に墨を敷いてありました。
解体してみると、その効果で床下の土は乾燥していました。

解体時は一度避けたのですが、根太を敷き、
防蟻処理も終りましたので元のように入れておきました。


b0078597_222992.jpg


さて、これから、天井、壁という順番で下地を組んでいきます。

下地というのは見えなくなるけど大事な仕事なんです。

明日は天井裏に配線をするために電気屋さんが工事に入りま~す。
[PR]
by taoken18 | 2008-02-25 22:42